MENU

設備紹介

Facility Introduction

新しい医療設備
×
高品質な技術力

高性能な設備でみなさんに
安心・安全を提供致します

すべては最善の治療と、
患者さんの安全のために

質の高い治療をする上で歯科治療の技術は、
言うまでもなく大切です。
しかし、さらなる精度の高い結果を求めるには、
最新の器材や良い材料が必要であると考えます。

常に質の高い治療を目指すために
当院では、 各種選び抜かれた高性能な
医療機器を取り揃えております。

いろは歯科アイコンミニMedical facillties

豊富な設備と安全性を備えた
患者さんも安心なプライベート空間

診療室に入る際、他の患者様の姿が見えると気になりませんか?
治療されてる時、こんなふうに見えてしまうんじゃないか?とか、不安になりますよね?
当院では、治療中に他の患者様との接触が気にならないように、導線分離型の施設構造を採用しています。
なので、診療台への誘導の際に他の患者様とすれ違うことはありません。
プライベートがきちんと確保できますので、安心してはの治療に集中していただけます。
診療室には、マイクロスコープやCT画像を映し出す大型ディスプレイなどの器材を取り揃え、より安全に、安心して手術を受けていただける環境を整えています。
木目と白を基調とした、落ち着いた空間に仕上げ、徹底した衛生管理のもと充実した器材を用意している診療室空間です。

カウンセリングルーム

Facility 01 *

当院では診療開始する前には、必ずカウンセリングを行なっております。
患者様から得られた情報を細かく分析し、今後どのように治療を進めていくか、いわば作戦会議を一緒に行なっていきます。 そのため、カウンセリングルームは圧迫感の無いように落ち着いた空間をご準備しています。 また、大きなモニターとスライドで、可能な限りわかりやすく説明し、納得頂いてから治療開始させていただきます。

マイクロスコープ

Facility 02 *

導入している医院も少ない設備で、肉眼の3~25倍まで視野を拡大し、肉眼では見えない歯の根(根管)の中や微細な異変も捉えることができます。 原因が分からなかった痛みや小さな虫歯なども発見できます。外科処置の多い当院では、経験と勘だけに頼るのではなく、 マイクロスコープを使用した治療でより繊細な治療を提供します。

マイクロスコープの使用であらゆる治療において、精度の高い治療が可能です。

レントゲン・CT・セファロ

Facility 03 *

インプラントや矯正治療、親知らずの抜歯など
高度治療の診断・シミュレーションに役立ちます。



3D・高精細な画像で正確な診断を可能にします。

高精細で3D撮影が可能な歯科用CTは、より正確な診断を可能にし、 インプラントなどの高度治療にも欠かせません。 レントゲンでは二次元でしか見られなかったものが立体的に、 また骨の内部まで詳しく見ることができます。
歯科用CTにより、インプラント治療や親知らずの抜歯までも、より安全に行うことが出来ます。

より質の高い矯正治療を可能にするセファロ撮影

当院が導入している歯科用CTには、セファロ(東部X線企画撮影)が備わっており、 矯正歯科治療の診断に必要不可欠なレントゲン撮影です。
セファロを使用して側面や正面からの頭部撮影を行い、骨格、顎の形、口元のバランス、 噛み合わせの状態などを調べることで、正確な治療計画のご提案が出来ます。 また長きにわたる矯正治療において定期的に撮影を行うことで、診断時から治療中の骨格の成長変化や、 歯の移動量の把握・観察、治療前後の比較が正確に行えます。

口腔内カメラ

Facility 04 *

手鏡などで確認できない場所の治療は、CCDカメラで撮影した写真で確認していただけます。 これにより術前と術後の比較も可能となり、患者様に納得していただく治療が提供できます。

エルコプレス

Facility 05 *

スポーツ用マウスガードやホームホワイトニング用のトレーをスピーディーに、精度良く作成することができます。

電動麻酔機

Facility 06 *

電動麻酔機は、麻酔注入速度が自動調整されるため、表面麻酔を併用することで限りなく無痛に近い処置が可能になります。 お子様や、痛みに弱い方にはおすすめです。

口腔内規格・審美写真用1眼レフカメラ

Facility 07 *

患者様のお口の中のデータを、精度の高いカメラで撮影することで、何回も繰り返し見返すことができたり、 拡大して肉眼だけでは判断できない部分のチェックも可能になります。 また、自由治療では、処置前・処置後の写真を撮影・送信いたしますので、どんな治療を施されたのかの確認もできます。

いろは歯科アイコンミニMedical facillties

世界最高基準の設備で患者様の安全を守ります

すべては最善の治療と、
患者さんの安全のために

歯科医療では、お口の中を触るなど感染リスクを伴う場面が多くあります。
そのため、危険なウィルスの感染予防が欠かせません。
いろは歯科医院では、感染症の有無に関わらず来院される方すべてを対象とした
徹底した滅菌対策に取り組み、スタッフの衛生管理教育にも努め、安心と安全の医療現場で治療を行います。

医院での基本的な
衛生サイクル

診療で使用した器具は、洗浄→消毒→滅菌を必ず行い
無菌状態のまま滅菌パックにいれ密閉された状態で安全に保管されます。

マイクロスコープ2

診療の度にこの工程を繰り返し、滅菌パックされた診療器具を
その都度開封して使用します。

患者様ごとに
診療器具を滅菌・消毒

診療に使用する器具は、患者様ごとにパッキングし、世界基準の滅菌機で徹底的に滅菌された状態で衛生的に保管しております。

使い捨ての器具を使用し
感染を防ぐ

滅菌できない診療器具は、使いまわしによる感染を防ぐために、可能な限りディスポーサル(使い捨て)製品を使っております。

スタッフの衛生管理に対する
意識向上

基本的な手洗いやうがい、消毒などをマニュアル化し、スタッフ一同意識向上を徹底することでより細やかな配慮ができ院内感染を予防します。

お口に入る全ての器具を
確実に滅菌します

滅菌器01 滅菌器02

「滅菌=ウイルスや細菌を死滅させられる」
この工程で世界最高レベルの設備を導入しています

世界最高基準 クラスB滅菌器
世界最高レベルの滅菌を可能にします

診療器具は複雑な形状のものが多く、人の手では洗い落とせない内部にまでウイルスや細菌が付着することも。このクラスB滅菌器設備では、そのウイルスや細菌を真空と上記の注入の繰り返しにより、器具の細部まで滅菌(=ウイルスや細菌を死滅)を可能とします。医科の基準に準じたハイレベルな滅菌器です。

クラスBとは?

世界で最も厳しいとされている基準です。

医科と同水準を確保しています。歯科用器具特有の複雑な形状、滅菌パックで包装された状態のままなど、 あらゆる器材・器具の高度な滅菌が可能で、すべての菌を死滅させることができます。

医科水準の滅菌が可能。
固形、多孔体、中空物、未包装、
包装、一重、二十包装。

クラスNの滅菌物に加え、
メーカーによって特定された製品の滅菌のみ。

裸の固形物滅菌のみ。
滅菌後すぐに使用のこと。
(輸送、保管不可)

超音波器具洗浄機

Facility 01 *

超音波により、細かい部分に詰まった切削片や汚れを綺麗に落とします。

口腔外バキューム

口腔外バキューム

Facility 02 *

歯を削る時には、目に見えないほどの細かい粉塵がたくさん飛び散ります。 口腔外バキュームは、治療中に発生する細かい粉塵やエアロゾル(気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子)が 空気中に飛散しないように、すばやく吸引するクリーンシステムです。
当院では、口腔外バキュームを各診療台に設置して、 治療の際に伴う粉塵やエアロゾルの飛散を極めて低レベルに抑え、院内感染防止に努めております。

Copyright© 2019 Iroha Dental Clinic.