MENU

Pedodontics

お子様の
歯の健康と歯並びを守るために

お子様の歯の健康と歯並びを守るために
幼児期からの歯の健康を守るために、定期的なメインテナンスを保護者の方々にお薦めしています。
当院では、歯の健康を守る治療の側面(小児歯科)と優良な歯並びを整える側面(小児矯正)からお子さんの健康な未来を作るサポートをします。

“ 歯医者さん=怖いところ ”
にしない工夫があります。
「小児歯科」

大切なお子様が歯科医院嫌いにならないために、当院では決して無理はさせません。恐怖心を抱くお子様はまず “ 練習 ” から行なっています。

大切なお子様が虫歯になってしまうと、心配になり “ とにかく早く治してほしい! ” と思われる保護者が多いのではないでしょうか?もちろん、早期発見・早期治療は大切です。

しかし、急いで無理に治療にかかり、それがトラウマになってしまうとお子様は二度とお口を開けてくれなくなります。そうなってしまうとどんどん歯科医院から足が遠のき、メンテナンスや治療ができなくなったお口はどんどんボロボロに・・・

まわりの子はできるのに・・・。うちの子は・・・。そんな事は気にしなくていいのです。歯科治療ができ始めるタイミングは人によって違います。大人でも、歯科医院が怖いと思う人・平気な人がいるように、お子様もその子その子で一人一人違います。

そのタイミングを間違えないように当院では歯科医院の空間に慣らす事から入ります。歯科医院の機械で遊ぶことから入り、一つ一つ出来ることを増やしていき、“ 楽しかった ”のイメージでお帰り頂くようにしています。これを何度か繰り返しているうちに少しずつお口を開けたり、治療が できるようになります。そのためには保護者の方々のご協力が何よりも大切になります。

トラウマを作らないためにも、また将来のお子様のお口の健康を守るためにも一緒に頑張りましょう。

大切なお子さまの今と将来の健康を守ります

むし歯は感染症です。
むし歯は感染症です。むし歯になっている乳歯があると、口腔内はむし歯菌に感染しています。そこに抵抗力の弱い新しい永久歯が生えてくると、当然、永久歯がむし歯になる可能性が高まります。
さらに、乳歯には永久歯を正しい位置に導く役割もあります。顎の骨の成長や、正しい噛み合わせにも大きく影響を及ぼします。
乳歯は生え変わるから大丈夫、むし歯になっても問題ないと考えるのは、とても危険なことなのです。お子さまをむし歯にさせないためにも、家族全員で虫歯予防に取り組む必要があります。

こんなお悩みは
ありませんか?

むし歯にさせたくない 口臭が気になる シーラントをしたい 乳歯が抜けそう 歯医者を恐がる 転んで歯が欠けてしまった しっかり歯を磨けているか不安 なかなか乳歯がはえかわらない 仕上げの磨きの方法を教えてほしい 発音がはっきりしていない 親が歯並びが悪いので同じようにならないか心配

Child's tooth 3 causes

成長期のこどもの顎や歯は日々成長し変化しています。
その変化を踏まえ、これから問題になり得ることを未然に防ぎ、成長をサポートするのがいろは歯科医院の小児歯科治療です。

歯が1本でも生えてきたら、むし歯予防をはじめましょう!

歯磨きが
うまくできない

う歯の汚れ(プラーク)を落とすには正しい歯の磨き方を覚えなければいけません。子どもの場合その技術が未熟なため磨き残しがでてしまい、虫歯の原因となります。
まずはしっかり歯を磨けるようになることも虫歯が出来なくなる重要なポイントです。

原因
01

乳歯のエナメル質や象牙質が薄い

「乳歯は永久歯に比べてエナメル質も象牙質も薄い」という点です。乳歯は永久歯に比べエナメル質や象牙質が半分ほどの厚みしかありません。そのためむし歯菌による浸食が大人よりも早く、虫歯が進行しやすいという特徴があります。

原因
02

だらだら食いや
甘いおやつ

時間を決めずだらだらと食事したり、ジュースや甘いおやつなど糖分の多いものをよく食べていると、むし歯菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。乳歯は溝が多く食べカスが溜まりやすい性質がありますので、時間を決めて食事をとる、糖分の少ないおやつに切り替えるなど食生活を改善しましょう。

原因
03

Don't let it be a tooth 
2 technologies

01強い歯をつくるフッ素塗布

うまれたばかりの赤ちゃんのお口にはむし歯菌(ミュータンス菌)はいません。しかし、ひとたびお口の中に入り込んでしまうと菌は増え虫歯の原因をつくってしまいます。
お母さんお父さんからの感染を断つことも重要です。それと同時に入り込んでしまった菌の数を増やさないようにすることも重要です。
むし歯菌の繁殖を抑える有効な手段は、歯磨きと、むし歯になりにくい歯をつくるフッ素塗布です。

02シーラント

6歳臼歯などは複雑な形状をした溝があります。 溝は成長と共にすり減っていきますが、小さなお子さまの場合、しばらくは溝が深く汚れが溜まりやすい状態のため、むし歯になるリスクが高くなります。

シーラントとはフッ素を含んだ身体に無害の樹脂です。事前に溝を埋めてむし歯のリスクを減らしてあげましょう。

Kids room

当院には、お子様に
“また歯医者に行きたい!”
と思ってもらえるような工夫をしています。

お子さんに「歯医者さんって楽しい、また行きたい!」と思ってもらえるよう、絵本やおもちゃを豊富に揃えた、専用の遊べるKIDSスペースを設置しております。

子どもはいつから歯医者さんに行けばいいの? むし歯にさせたくないな… 周りに迷惑をかけるから歯医者さんに行きづらい。

当院には、お子さん専用の治療室があり「楽しい工夫」がいっぱいです。
0歳から6歳までそれぞれの年齢に応じたおもちゃを用意し、待ち時間も退屈することなく過ごしていただけます。おもちゃは清潔に保つため、消毒を毎日おこなっております。
まずは、歯医者さんになれるために「歯が生えたら」気軽にお越しください。待合室から目が届くので、保護者の方もご安心ください。

Pediatric correction

お子さまの矯正治療の目的は、
良い歯並びへの軌道修正です

最近の子どもは昔と比べて顎が小さくなってきており、歯が綺麗に並びきれていないことがあります。成長発育期では、ちょっとしたことが原因で、大きな不正咬合につながることがあるのですが、治療によって整った歯並びに導いていくことができます。
子どもの時期からの矯正歯科治療をする最大のメリットは「抜歯の可能性が減る」ことでしょう。歯を支えている顎の成長時期に、顎を拡大してスペースをバランスよくコントロールしやすいので、大人になっても、よりきれいな歯並びに導くことができます。また、子どもの時期の早めの治療で、永久歯列で行う本格矯正が簡単で期間が短くなったり、必要なくなる場合があります。

当院では子どもの歯並び・咬み合わせに関する矯正無料相談を実施中です。お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

こんなお悩みは
ありませんか?

歯並びがガタガタになっている しゃくれている 出っ歯になっている 上下の歯がかみ合っていない 指しゃぶりの癖がある 口呼吸をしている 永久歯が生えてこない すきっ歯になっている

Examples of bad dentition

上顎前突(出っ歯)

指しゃぶりのくせが抜けず長く続けていると、上の前歯が押し出されて「出っ歯」になってしまうことがあります。

下顎前突(受け口)

骨格の遺伝、舌癖、口呼吸が原因と考えられます。本来の歯の位置とは異なるので、一部の歯や顎関節に負担がかかります。

すきっ歯

歯の隙間が空いている状態。物が詰まりやすく、そこから虫歯の原因になってしまう可能性もあります。

叢生

歯がでこぼこに生えている状態です。汚れがたまりやすいので、歯のお掃除がしにくく、むし歯や歯周病のリスクが上がります。

過蓋咬合

下の歯が見えないほど、上の歯が覆い被さっている状態です。かみ合わせが悪いので、顎関節や歯茎に負担がかかります。

開咬

指しゃぶりや舌癖、口呼吸が複合的に合わさってなるとされています。顎に負担がかかる他、発音が不明瞭になるリスクがあります。

Point

上下の顎がバランスよく成長するようにコントロールする

永久歯が生えるスペースを確保する

歯並びに影響を与える歯の周囲の筋肉バランスを整える

When to start correction

それではいつ治療をはじめたらいいのでしょうか。
当院では主に以下のように伝えております。

  • 親御さんが子どもの歯がおかしいと感じたら(気づいたら)まず相談
  • 矯正歯科学会が推奨する年齢「7歳」ごろまでに、何も問題がなくても1回検診

実際に治療をスタートするかどうかは、来院いただいて診査のあとの診断で決定いたします。
「今、治療が必要かどうか?」「治療開始時期」など無料で相談を行っております。お気軽にお問い合わせください。
また、治療時期については下の図を参考にしてください。

治療開始時期目安

家族全体が見守る矯正治療

大切なお子さまの今と将来の健康を守ります

子どもさんの頃から矯正をすることにより、歯みがきの知識が付きます。褒められるのが素直に嬉しいと思うのがお子さんです。衛生士も子ども側も双方名前を憶えます。そうするとだんだんこちらのことを好きになってくれて「好きになったお姉ちゃんたちに嫌われたくないから」と一生懸命歯ブラシをするんです。

その時期に歯磨きの習慣が付くので、中学生・高校生になろうと、大人になっても歯みがきをしてくれると思います。なので、なるべく小学校の小さな時期からの矯正をして歯並びを良くし、歯みがきすることを進めています。

お子さんお一人の矯正治療ですが、家族全体が見守る矯正治療でもあるんです。治療を終えた時に、本人がよく頑張ったこともそうですが「お母さんお父さんにありがとうだよ」と声をかけるようにしています。

日本矯正歯科学会では、親から見て子どもの歯並びに大きな問題がなくても、7歳までに受診することを推奨しています。早期に歯列不正を発見し、アゴの成長発育を阻害ある因子を排除することで、重とくな不正咬合を予防することができます。子どもの時から考えてあげましょう(*口の中の状態により使用できない場合があります)。

子どもの不正咬合
によるデメリット

虫歯・歯周病のリスクが高まる 物を食べたり飲みこんだりする機能が低下する 良く噛めないので、あごの成長不全をきたす 正しい発音ができない 集中しにくい 顎関節症 胃腸障害(良く噛めないことによる) 悪い姿勢 口元を気にするコンプレックス

上記にあげることがすべてあてはまるわけではありませんが、可能性としては心配になります。
良好なかみ合わせ・歯並びを得られれば、上記の逆のことが期待できるかと思います。

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談・ご予約ください。

Method of treatment

小児矯正の場合も、大人の矯正のようにワイヤーやマウスピース型矯正を使って矯正を行いますが、小児矯正専用の矯正装置もあります。

プレオルソ

10歳から12歳の成長期のお子さんの矯正を行う装置です。歯に固定するのではなく、家にいるときにだけ装着します。従来からある成長期に使用する矯正装置とは異なり、シンプルで扱いやすいのが特徴です。歯を動かすことに加えて、歯の周囲の筋肉のバランスも整えることができます。

お子さまの矯正のポイントを全て押さえながら治療できる装置です。

拡大装置

上あごの歯に装置を固定し、装置の真ん中のネジを少しずつ調節していくことで、上あごの骨(正中口蓋縫合という上顎を左右で接合している部分)を広げ、矯正治療のためのスペースを確保します。ネジを調節するペースが速いため、短い期間でスペースを広げることができます。

永久歯への生え変わりの時期から、骨が固まってしまう前までの間に使用することが効果的とされている装置です。

2×4(ツーバイフォー)

第一期治療の矯正治療時に使うワイヤーの部分的矯正装置です。
主に上下の前歯の整列に、また反対咬合や上顎前突にも使用します。
2本奥歯を固定源として、永久歯が全て生えそろう前の段階に、前歯4本を動かすために使われます。

リンガルアーチ

歯の裏側につける装置で使用時期は6歳~10歳ほどです。主に歯列の側方拡大や前方拡大などを行います。
奥歯にセメントで接着してありますので、自分で取り外しができません。反対に咬んでいる前歯などを改善します。

以上、子どものお口の状態によってどのような装置を使うかは変わってきます。

Case report

お知らせ 2020.09.16 親知らずの抜歯
マイクロスコープ精密治療 2020.04.16 神経のお部屋の治療(感染根治療 前編)
お知らせ 2020.09.16 オールセラミック接着で大切なこと…
マイクロスコープ精密治療 2020.04.16 神経のお部屋の治療(感染根治療 後編)
Copyright© 2019 Iroha Dental Clinic.