For patients who wish to have an
overall examination and treatment

データ採得の目的

担当させて頂く私たち歯科医師・歯科衛生士は、来院いただいた時にしか患者様のお口の中を見ることができません。

口腔内のデータを撮らせて頂くことで患者様のお口の中やお顔など、何度も見返すことができます。

また、肉眼で見るよりも明るく鮮明に撮影された画像の方が精密なチェックや、治療前後での比較・定期健診ごとの比較が可能となり、患者様の細かい変化に気付くことができます。

全顎レントゲン写真

大きなレントゲンと、小さなレントゲンの違い

当院では2種類の撮影法の中から、患者様がご希望の方をお選びいただいております。

大きなレントゲンで撮影した場合

大きなレントゲン(パノラマ撮影)の特徴として、撮影回数が1回で済むこと。
また、顎の骨全体を撮影するため、顎骨の状態はもちろん、顎関節の状態や、蓄膿症などの簡易診断が可能です。

しかし、奥歯の四角く囲った部分を見ていただくと…

撮影の都合上、奥歯の隣接部分が重なって写ってしまうため、歯と歯の間のむし歯を見落とす可能性があります。

また、前歯の四角く囲った部分を見ていただくと…

この部分は、画像にノイズ(障害陰影)が入るため、ピンボケしてむし歯や根の病気などの正確な診断ができません。

小さなレントゲンで撮影した場合

一方、小さなレントゲンでの全顎撮影は、枚数が多くなることが欠点ですが…

先程の大きなパノラマレントゲン撮影と比較して、歯と歯の間の重なりもなく、隣接面がくっきりと見えるのでむし歯の見落としが少なくなります。

前歯部もこの撮影方法であればノイズ(障害陰影)がないのでピンボケすることなくはっきり写るため、むし歯や根の病気などを正確に診断できます。

このように、小さなレントゲンで撮影することで、前歯も奥歯もきちんと診断ができます。

せっかくの定期検診であれば見落としが無いよう、『小さなレントゲン』で確認した方が安心です。

奥歯

前歯

口腔内写真

口腔内写真 完成例

撮影は“本当にご負担が大きい”かと思いますが、これがあれば担当する歯科医師や衛生士が“拡大して・何度も”患者様のお口の中を見返せますので、より質の良い治療計画のご案内・説明ができます。

顔貌写真

顔貌写真は、正面観・スマイル観・側面観の3種類を撮影させていただきます。

正面
スマイル
側貌

顔貌写真の目的は、もちろん私たちスタッフが患者様一人一人のお顔を覚えるために大切なデータとなります。

また、広角の上がり方やスマイルラインの確認、肌の色と歯の色の調和の確認、骨格の特徴などを把握するために非常に役立ちます。

審美的な部分で客観的にどう見えているかを患者様ご自身が確認できるので、カウンセリング時に“ここが気になる!”という患者様のお悩みを余すことなくお伺いすることができます。もちろん、患者様の要求に対し、医学的にできること・できないこともきちんとお話しすることができます。

診察券アプリ

当院では診察券アプリを導入しておりますが、そこに私たちスタッフ全員で編集した患者様の大切なデータを閲覧できるようにしております。

メディカルボックスをタップすると、全てのデータを閲覧することができます。

3営業日以内に個人アカウントにアップしますので、是非カウンセリング日までにご確認いただき、“ここが気になる!”を私たちスタッフに教えてください。

カウンセリングは患者様との“治療の作戦会議”です。
当院ではこの大切な時間を担当ドクター・担当衛生士を含めてじっくりと行います。お口のデータを見て思ったこと・お悩み・ご要望をこの機会に是非詳しくお聞かせください。

  • 撮らせていただいたデータは詳しく・わかりやすい形に編集して、次回カウンセリングの時間を設けさせていただき、しっかりとご説明させていただきます。

    また、 スマホアプリをご登録 いただきますと整理したデータを閲覧することも可能です。

    カウンセリング前日などにデータを見て気になることを当日教えていただければ、それに対するご回答も可能です。

  • 当院は健康なお口の中を患者様と共に作り上げていきたいと考えております。データ採取は本当に大変ではございますが、ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。もし辛い時には撮れる範囲で内容を簡略化しますので、その時には遠慮なくお申し付けください。

Copyright© 2019 Iroha Dental Clinic.